アメリカ国内線 9割はスーツケースを持ち込む

アメリカ旅行
Flight Radar

先日 アメリカ国内線に

4時間ぐらい乗りました

4時間飛んでも

アメリカの大陸の端と端でもなく

広いですね アメリカ 

でも15℃からマイナス5℃ぐらいの

気温の違いはありました



アメリカの国内線に乗るのは

国際線に乗るより10倍ぐらい苦痛です

国内線の機体は大体小さめ

なのに 

乗客の体格は日本行きの国際線に比べて

ほとんどの方が大き目体格

よって 

機内のパンパン感が

半端ない

隣の席の方が横に大き目だと

今日はついてない・・・

と思ってしまうのです・・・



且つ ほぼ9.9割ぐらいの人が

機内持ち込みスーツケースを

頭上荷物置きにおくので

私の場合

席に着くころには

私の荷物分の棚の隙間は大抵なく

それでもって

スーツケースを頭上まで

持ち上げる力も自分になく




とういことで

私は小さいスーツケースでも

大体預けてしまいます

日本のCAさんみたいに

手伝ってくれたり 

見守ってくれたり



しませんからね 

こっちのCAさんは 




よって 何が起こるかというと

乗車にすっごい時間がかかるし 

降車も同じように 

前から順番に荷物を下ろしながら

降りていくため

本当に時間がかかる





マナーがいいという点では

前の人から順番におろしながら降りる

これ 割り込んだり

自分だけ前に進もうとするような

そういう人がいないのは

結構 素晴らしい ところ





お陰で時間をかけて降車して

そしてさらに私の場合は

預け入れ荷物がベルトコンベアから

出てくるのを待つため

更に時間がかかる




というわけで

みんな持ち込みにするのですよね




しかも最近 天候不良の影響で

突然の欠航 非常に多いです

荷物を預けてから

欠航になってしまうと

次に自分の荷物と会えるのはいつか・・・

となる場合もあったりするため

やはり自分の手元から荷物を離すのは

嫌なのでしょうね 

わかります

投げられたのかしら・・



預けた荷物は

大体どこか凹んで出てきます

割れていることもあります

でも もはや気にしなくなりました

ボコボコのスーツケースのほうが

盗まれにくいし

もはや日本の海外旅行者のように

ピカピカのスーツケースの人

ほぼいないです(キレイすぎる)


このぐらいは余裕の許容範囲



壊れ防止のためにも

布製のスーツケースの人

多いのかな 

とも思います 



国際線より難易度高い

アメリカ国内線の話でした





ご面倒ですが、いろいろポチっと押していただけると嬉しいです !(^^)!

40代からのアメリカライフ - にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

カプチーノ

初めまして!

ご訪問ありがとうございます

40代にして初めての

アメリカライフを体験しています

現在のアメリカのあれこれや

海外生活のよしあしを

綴っています

在住地:アメリカ

海外居住歴:4か国目 通算10数年目 

海外旅行歴:20数か国

家族:日本人夫と二人暮らし

YouTubeで旅のハイライト、日常Vlogはこちらで配信しています! 

https://www.youtube.com/@americalifeblog

カプチーノをフォローする
タイトルとURLをコピーしました